NEWS

滋賀県立美術館 6月27日オープン!

Design, Project, Event, Exhibition / Performance

SHARE

2021年6月27日(日)に滋賀県立美術館がリニューアルオープンいたします。
オープンに向けて「かわる かかわる ミュージアム」をコンセプトに掲げ、リニューアルする美術館の情報をこれからお伝えしていきます。grafは、リニューアルプロジェクトのデザイン統括・設計・広報を担当しています。


かわる かかわる ミュージアム
ますます変動していく社会に対して、柔軟にかわりながらかかわり続ける美術館の姿を実感していただき、来館者も能動的に関わり始め、コミュニケーションが変わっていくことを目指します。


VI (ビジュアル・アイデンティティ)
これからの美術館を表現する VI、グラフィックサイン計画 UMA/design farm
美術館の大きな屋根のような三角を組み合わせ、「M」「S」のかたちをつくり、地域や現場にとびこみ、とびたっていく様子をかたちに表現しました 。様々な人と手をとり、広くコミュニケーションをとっていく姿を表しています。

メインビジュアル
滋賀の美しさに改めて出会う メインビジュアルデザイン UMA/design farm
滋賀県出身の写真家 川内倫子さんに撮影いただきメインビジュアルに使用しています。 生まれ変わる美術館のイメージをもとに 、植 物、鳥、湖など自然の中にある、小さくも健気 な生命の存在を感じさせる写真は、滋賀県内さめがいの様々な場所で撮影されました(左は醒井の梅花藻)。「はじめまして、滋賀県立美術館です。」というコピーは、ディレクター自らによるものです。


ウェルカムゾーンの デザイン・什器等の紹介

デザイン統括、内装設計 graf / サインデザイン UMA/design farm
ウェルカムゾーンにはカフェ&ショップを用意しました。2階には、キッズスペースそして授乳室のあるファミリールームを新設。また、ベンチが回廊や展示室にも置かれ、これまでよりもずっと居心地のよい美術館になりました。照明やベンチ、カフェ&ショップのタイル、 案内サインには、信楽を拠点にするNOTA & designが特注で製作した信楽焼を使用し、滋 賀のものづくりを館内のさまざまなところで感じられる構成になっています。

滋賀県立美術館PV #アニメーション
今回のリニューアルに際し、滋賀県出身の音楽家・世武裕子さんに新しくなる美術館をイメージしたテーマ曲をつくっていただきました。軽快で何かが始まる予感に満ちた音楽にのせて、「かわる かかわる ミュージアム」というコンセプトを伝えるユニークなアニメーション映像を制作しました。新しくなった内装や什器、サインが登場するほか、躍動的に飛び出していこうとする美術館の姿勢や、訪れる人が体感できる居心地の良さ、ワクワクする感情を表しています。
こちらからご覧いただけます。
楽曲 / 世武裕子
映像ディレクション / 外売募
アニメーション / イシベノリコ


オンライントークイベント 開催
2弾 川内倫子 × 保坂健二朗

今回のリニューアルにあたり、メインビジュアルを撮影いただいた写真家の川内倫子さん をお招きいたします。ご自身の出身地でもある滋賀とのかかわりやこれまでのお仕事、 梅花藻や座禅草などのメインビジュアルを撮影した際のエピソード、そして東京オペラシ ティアートギャラリーと滋賀県立美術館、他数館で数年後に計画している個展に関して、滋賀県立美術館ディレクターとの対談形式でお話いただきます。
(※このトークは美術館と同じ「びわこ文化公園」内にある茶室「夕照庵」で収録しています。)
閲覧期間:2021年4月14日(水)19時ー6月27日(日)19時の期間 こちらよりご覧いただけます。

登壇者 川内倫子 写真家
保坂健二朗  滋賀県立美術館ディレクター(館長) 、荒井保洋 滋賀県立美術館学芸員/ファシリテーター


プロジェクトメンバー
デザイン統括、設計、広報をgraf、グラフィック、サイン計画をUMA/design farm、webディレクション、制作は石黒宇宙 (gm projects)が担当いたします。

ティザーサイト
ティザーサイトを公開いたしました。6月上旬に本サイトに切り替わります。
最新の情報はこちらよりご覧ください。
www.shigamuseum.jp

SNS配信
リニューアル直前の様子や、新しく生まれかわっていく歩みを想起させる美術館の姿を、
関西を拠点に活動するアーティストたちの視線を通じ、Instagramで発信しています。
@shigamuseum