サイネンショー_中之島

Share
  • twitter
  • facebook
  • pinterest

陶芸家松井利夫が主宰する「サイネンショー」の展覧会を開催しました。
サイネンショーは、関西を拠点に活動する芸術家や有志が集まり、使われなくなった陶磁器を回収し再焼成したものを再び社会に還元するプロジェクトです。 廃材を燃料に穴窯で約1300°Cの高温で焼成すると、溶融によって時には原型をとどめないものや、歪んだり器同士がひっついたり、上絵や下 絵が消失したり流れたり、私たちの手の届かない灼熱の窯の中で様々な「窯変」により偶発的に造形された新しい作品として生まれ変わります。

Team

会期|2022年9月3日(土)-11 日(日)
時間 | 11:30-18:00
場所 | graf porch(大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 2F
ディレクション・会場設計|猪子大地(graf)

Other works

展覧会「無形にふれる」企画・会場構成・デザイン

日本工芸産地協会「日本工芸産地博覧会2023」

匂いの焦点 Kan Izumi exhibition

BRUTUS×graf「あしたのベストバイ」

日本工芸産地協会「日本工芸産地博覧会2021」

新工芸舎 ものごとの隙間

「Rondade:sales,service,instalations」

コシラエルとはなんだったのか