NEWS

第3回 木のある暮らしコンテスト 商品化のお知らせ

Project, Event

SHARE

大阪府河内長野市の地元材「おおさか河内材」のPRの一環として「第3回 木のある暮らしコンテスト 本にまつわるプロダクト」が開催され、グランプリを受賞した「ponto」が商品化されました。grafは、コンテストの審査や商品化のディレクションを担当しました。

豊かな自然に囲まれた河内長野市は古くから林業が盛んで、その河内林業地で生産されるスギ材やヒノキ材は「おおさか河内材」という名称でブランド化されています。
街と自然のかかわりを再認識できるような取り組みのひとつとして、今回、河内長野市はコンテストを開催し、「本にまつわるプロダクト」のデザイン提案を募集しました。木育によってこどもたちが木と触れ合う機会を設けることで、次世代に続く市民と森林の共存を目指しています。

ponto
ポケットにものを入れる感覚でポンと置ける本の特等席として作られました。柔らかい印象を与える抽象的な形で、本を置いていない時でも部屋に馴染みインテリアの一部のように見せてくれます。「ponto」から半分だけのぞく本の表紙は、ストーリーを思い出すきっかけになるかもしれません。

価格|製作・販売元へお問い合わせください。
サイズ|W170 × D39 × H85 (mm)
納期|2週間−1ヶ月程度
※在庫状況によって変動
製作・販売|蔵さん工房(〒586-0036 大阪府河内長野市高向1725-16 / TEL : 0721-51-0379)

ディレクション|猪子大地 (graf )
デザイン|吉田瑞紀(graf )
製作|服部智樹 (graf )
撮影|衣笠名津美
企画・監修|河内長野市