大阪市立中央図書館

Share
  • twitter
  • facebook
  • pinterest

Team

プロダクトデザイン:graf(Labo/設計部)

飛騨産業株式会社

大阪府森林組合

グラフィックデザイン:向井千晶

クライアント:大阪市立中央図書館

2021年3月に大阪市中央図書館地下1階に新たにオープンした空間「Hon+α!(ほな!)」に、机や椅子、展示架、掲示板などの什器のデザインと制作、サインデザインをgrafが担当しました。また、デザインや空間作りは飛騨産業株式会社、大阪府森林組合との共同企業体によるものです。

施設の老朽化や、図書館に対する市民ニーズの変化などに対応するべく、地下1階の閲覧室を全面的にリニューアルし、参加・交流を志向した開放的かつ魅力的な空間に生まれ変わりました。またこのスペースは、木の良さや価値を再発見させる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線にて評価いただく、一般社団法人日本ウッドデザイン協会主催の「ウッドデザイン賞2021 ハートフルデザイン部門奨励賞」を受賞しました。

 

Other works

諸外国の文化政策比較から、みえること

食都神戸 「Urban Farming ZINE -食と、-」

アーティスト・イン・レジデンスの可能性をさぐる。

TROPE HACKS Exhibition

ad (analogue from digital)

株式会社加徳 和紙見本帳「桂」

瀬戸内国際芸術祭 2013 小豆島カタチラボ アーカイブブック

シンポジウム「アートが地域にもたらす役割と可能性」