滋賀県 甲賀市「食の表現祭 -KOKA FOOD MEET-UP-」

    Share
    • twitter
    • facebook
    • pinterest


    滋賀県甲賀市では大阪・関西万博が行われる2025年に、「甲賀市の生きる姿そのものが表現である」と捉え、窯業をはじめとする産業、農業、市民の暮らし、自然環境などあらゆる生活の営みを表現する市民が主役のイベント「(仮称)甲賀市表現祭 2025 -KOKA LIFE ART FESTIVAL 2025 -」の開催が計画されています。
    イベント開催を通してあらゆる市民が表現者となれる「新しい豊かさ」につながる文化を根付かせ、市が掲げるビジョン「表現のまち・甲賀市」を実現するために、段階的に様々な施策を実施し、甲賀市の魅力や表現祭について発信していく事業をgrafで担当しています。

    初年度である2023年は甲賀市の「食」をテーマに掲げ、甲賀市で生産されている農作物や食に関わるものづくりに焦点を当てたイベントを展開。甲賀市の「食」の背景をリサーチしながら、地域の食材や旬の食材を大切に活動している料理人を招き、魅力あふれる甲賀市の食を地元産業である信楽焼の器とともに楽しむイベントを開催しました。
    甲賀市の魅力を継続的に発信するプロジェクトとして、2025年の甲賀市表現祭に向け、これからも様々な施策を展開していきます。

    「食の表現祭 -KOKA FOOD MEET-UP-」はトラベル・ライフスタイル誌のPAPERSKYが行なっている、日本の魅力を再発見することをテーマにしたプロジェクト「Tour de Nippon」とともに自転車で土地の空気を感じながら地域の食や文化と出会い、味わうイベントとして2日間開催しました。

    お茶畑をはじめとする農地や、歴史を重ねた町をめぐり、市民や生産者と対話することでたくさんの甲賀市の魅力を見つけることができました。

    また、リサーチで出会った滋賀県甲賀市の美しい自然や町並みを巡りながら、まちに根付いた文化やその歴史に触れるイメージ映像も制作しました。継続的に甲賀市の魅力を伝えるコンテンツとして広く発信していきます。

    Team

    クリエイティブディレクション | 服部滋樹(graf)
    企画・ディレクション | 村川晃一郎(graf)、米山菜乃花(graf)
    会場構成 | 黒越啓太(graf)
    デザイン | タナカタツヤ、吉田瑞紀(graf)
    企画協力 | PAPERSKY
    映像制作 | Yu Nakajima
    記録写真 | Neki inc
    料理協力 | Darren Damonte、川西まり
    会場協力 | Ogama


    主催 | 甲賀市

    Other works

    伏見酒造組合 酒器制作による海外への認知拡大プロジェクト

    クリエイティブアイランド中之島「創造的な実験島」

    富士建設株式会社 新事業「crulib(クルリブ)」

    日本工芸産地協会「日本工芸産地博覧会2021」

    滋賀県 甲賀市 「エリアリノベーションプロジェクトWS」

    field trip in tenri 2018

    ad (analogue from digital)

    field trip in tenri 2017