日本工芸産地協会「日本工芸産地博覧会2021」

    Share
    • twitter
    • facebook
    • pinterest

    「日本工芸産地博覧会」は、全国各地から職人が集い、ひとつの産地をつくる、初めての試み。職人に学ぶワークショップや実演・物販、産地に根付いたフードマルシェ、工芸を学ぶカンファレンスなど、圧倒的な数の工芸体験を通じて、いつか実際の産地に足を運びたくなること目指して、かつて万博が開催された大阪の地で、日本の未来における文化の礎となることを願い、2021年秋に開催されました。

    grafではクリエイティブディレクション、会場構成・設計、ロゴ、コンセプトビジュジュアル、コミュニケーションツール、サインなどトータル的にクリエイティブ開発を行いました。

    日本工芸産地協会のロゴをもとに、博覧会の象徴となるロゴを着想。2つの正円から新しい形を生成。それらを編み込むように立体的な紋様にすることで縄状にし、日本の工芸を強くするつながりを表現。それらをさらに組み合わせることで浮かび上がった花のようなモチーフを、工芸から咲いた花としてロゴマークに展開。


    ビジュアル開発のコンセプトは「工芸のパースペクティブ」。上記のプロセスで生成した模様を、会場内では”寄り”と”引き”のさまざまなスケールで展開。日本の工芸におけるマクロな視点(歴史や全体像)やミクロな視点(深掘り)から体験できることを表現。

    イベントの様子。ものを売るのではなく、工芸の体験ができる場に。

    Team

    クリエイティブディレクション: 服部滋樹(graf)
    会場設計 : 竹之内佳司子(graf)、合田知代(graf)
    アートディレクション・企画 : 村川晃一郎(graf)
    デザイン : 赤井佑輔(paragram)
    LPサイト制作 : 古澤佑介(株式会社MRI)中田由実子 (ottodesignlab.)
    TEAMEXPO共創パートナー、TEAMEXPO共創チャレンジ

    Other works

    salon de the tiffin

    graf “みんなの森” プロジェクト 第一弾企画ハンズの森 

    スタンダードブックストアあべの店

    横浜美術館 ミュージアムショップ

    eimo studio

    Baccaiun

    IRACA COFFEE

    Johnbull Private labo musee