GALLERIA MIDOBARU

    Share
    • twitter
    • facebook
    • pinterest

    2020年12月に大分県別府市に誕生したホテル「GALLERIA MIDOBARU」のロビー、客室、レストラン、バーなどに設置されている家具のデザインと、VI計画のデザインをgrafが担当しました。
    体験価値を高めるサイトスペシフィックなホテルとして、温泉はもちろん、アーティストが別府滞在を通して制作された作品がエントランスやロビー、客室や通路に展示されるなど、ホテル空間全体が別府の土地を思わさせる建築・空間となっています。

    Team

    クリエイティブディレクション、コンセプト立案、VI計画、ファニチャーデザイン : 服部滋樹(graf)
    アートディレクション&デザイン:向井千晶(graf)
    コンセプト立案、作家キュレーション、アートキュレーション、制作管理: BEPPU PROJECT
    建築設計(建築及び空間デザイン): DABURA. m
    撮影:浅野豪
    クライアント:株式会社関屋リゾート

    Other works

    GALLERIA MIDOBARU ツール

    五斗長玉葱

    ふきん屋政七

    PLAY! SURVIVALつかの間の野外レストランとその出来事

    カナダ先住民の文化の力-過去・現在・未来-

    スタンダードブックストアあべの店

    土から学ぶできごと

    TROPE HACKS #3 カワイハルナ

    ad (analogue from digital)