NEWS

Narrative, in making「Wall Shelf」

Furniture

SHARE

9月22日オリジナル家具シリーズ「Narrative」の新作家具をリリースいたしました。

ナラティブのコンセプト「暮らしのスタンダード」をおさえつつ、grafにまだないデザインにチャレンジしたいとの思いで、家具と空間に日々向き合う設計部のスタッフが提案したものでした。

家具は、使い方を限定させスッキリさせることも、使い勝手をよくする方法のひとつではありますが 住み方にあわせて、フレキシブルさが必要だと感じていました。 

そこで、使う側が自分でカスタマイズできることを条件とした、「最小単位の棚」を提案。
図面に起こしたのは、プロダクトデザイナーとして20年活躍するスタッフ。 

買ってくださった方が、家でとりつけることを考えた際に、完成品を見て、
自分でもつくれると思っていただけるくらいデザインをしなくてよいもの、 そのくらいシンプルでミニマムな棚にしようと考えました。
 
構造的に大丈夫か、量産できるか、デザインのほかにクリアしないといけない課題がいくつかあり、着地点を見据えながら慎重に進めていきました。

何度かの検証の末、奥行きは18cm に決定。
幅は70cmで狭すぎず、広すぎずの使いやすいサイズで見た目よりも収納力もあります。
シンプルなアイテムなので、木材は少し個性がでるウォールナットにし、
丈夫で長持ちし経年変化も楽しめるよう無垢材をオイル塗装で仕上げました。

また、連結、拡張ができるようにし、並べて使用しても一体感がでるようにしました。
家具工場が自社にあることで、家具職人の意見も細かく聞きながら
製造過程の細かなコストの見直しなども含め、妥協がないものに近づけていきました。

本やオブジェなどお気に入りを並べるためのスペースとして最小単位で使用いただく用途にも、
お店で複数連結して使用いただくのにも使用しやすい順応性が高いシェルフです。
ミニマム×本物の素材で飽きのこないものが作れたと確信しています。

設計したデザイナー本人もキッチンに設置し、コーヒーミルや調味料、スパイスなど
毎日使うものを置きたいと考えています。



詳細はこちら