Shop & Kitchen

ショップとキッチン

TODAY

  • 【トークイベントのお知らせ】
    京都造形芸術大学大学院で代表服部のゼミに所属する院生が、日本の伝統産業や工芸を次世代に伝えるために企画を行なうトークイベントです。ご都合の合う方は是非ご参加ください!
    
    「今の時代の民藝とは」
    鞍田崇(哲学者)× 松井利夫(アーティスト)× 服部滋樹(クリエイティブディレクター)
     「丁寧な暮らし」という言葉が流行り、それと連動するように「民藝ブーム」ともいわれている一方で、正直なところ私にとって民藝品や工芸品は身近なものとは捉えにくいところがあります。
    それはなぜでしょうか?
    今の時代の生活から離れてしてしまった、遠い存在なのかもしれません。
    そもそも「民藝」と聞くと皆さん何を思い浮かべますか?
    古い器?地方のお土産品?
    1920年代、日本がどんどん工業化していく中で柳宗悦によって作られたこの言葉は、その時代のアンチテーゼでした。
    この言葉を私は「自分の価値観でモノを選ぶこと」だと考えています。
    では現代における民藝とは、一体どういうことなのか。
    アートと民藝の境界線とは?
    3名それぞれの専門分野からの視点で紐解いていきます。
    
    日時:2018年8月17日(金) 19:30 - 21:30(18:45開場)
    場所:スタンダードブックストア心斎橋店
    料金:2000円(1ドリンク付き)
    お申し込み:
    1.お電話(06-6484-2239)
    2.ご来店(スタンダードブックストア心斎橋レジカウンターへお越しください)
    3.メール メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を入力して、info@standardbookstore.comへお送り下さい。
    #今の時代の民藝とは #民藝 #鞍田崇 #松井利夫 #服部滋樹 #スタンダードブックストア
  • 【イベント出店のお知らせ】
    7月18日(火)〜31日(火)阪神梅田本店で開催「夏のワンマイルフェス~いたわる、ねぎらう、丁寧なくらし~」にて、人気のgrafのオリジナルティ、カヌレなどを販売中です。
    また、もちっとした食感があたらしいグルテンフリーのデーツとココナッツのメレンゲサブレ、ワインのお供にも楽しめるローズマリーとクミンのチーズクラッカーなど新作のスイーツをご用意しております。1階サウステラス内デイリースタンドにてお待ちしております。

    #graf #阪神梅田本店 #夏休み #手土産 #ていねいな暮らし #1616aritajapan #glutenfree #スイーツ #デーツ
  • 【 筒井時正玩具花火製造所 at. graf 】
    火花を華やかにするために、花火には様々な金属が使用されています。
    また添加される金属の種類や、粒の大きさによって表情は変化します。
    
    素材の個性を引き出すために作られた「金属花火」。
    チタニウムは「しとしと」、マグナリウムは「ぱちぱち」、アルミニウムは「さらさら」とした質感をお楽しみいただけます。
    その他様々な花火をご用意しております。
    ぜひこの機会にご来店ください。
    
    [ 金属花火 ]
    チタニウム / マグナリウム / アルミニウム
    4本入 … ¥400+tax
    
    会期 : 2018年7月10日(火)-22日(日)
    時間 : 11:00-19:00
    場所 : graf (大阪市北区中之島4-1-9 Graf studio 1F)
    定休日 : 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
    問い合わせ : graf shop (担当 : 宮内)
    tel 06-6459-2100
    mail shop@graf-d3.com
    
    筒井時正玩具花火製造所
    福岡県みやま市に工場を構え、約90年子ども向けの玩具花火をつくり続けています。
    元々は線香花火をつくる技術は持っていませんでしたが、福岡県八女市にあった国内唯一の製造所が廃業する際、当製造所が技術を引き継ぎました。
    300年前から親しまれ、日本の夏の風物詩には欠かせない線香花火。現代では希少な存在となってしまった国産の線香花火ですが、歴史を途絶えさせないという強い気持ちで伝統を守り続けています。
    
    #graf #grafstudio #grafstudioshop #筒井時正玩具花火製造所 #花火 #線香花火 #fireworks #大阪 #中之島 #osaka
  • 【掲載のお知らせ】
    発売中の『&Movie 映画が教えてくれること』。極私的・偏愛映画論コーナーにて30人のクリエイターの映画論が掲載されています。代表の服部は『落下の王国』をセレクトし、イラストレーター長場 雄さんのイラストとともにものづくりに賭ける真剣さをテーマに掲載いただいています。文章内にも出てくる『パリ, テキサス』のワンシーンが表紙です。

    書名 / Premium特別編集 映画が教えてくれること。
    発行所 / 株式会社マガジンハウス
    価格 / 1296円(税込)
    発売日 / 2018年7月11日

    #映画が教えてくれること #andmovie #andpremium #極私的偏愛映画論 #落下の王国 #thefall #ターセムシン #TarsemSing #映画 #graf #服部滋樹 #パリテキサス #paristexas
【トークイベントのお知らせ】京都造形芸術大学大学院で代表...
【イベント出店のお知らせ】7月18日(火)〜31日(火)阪神...
【 筒井時正玩具花火製造所 at. graf 】火花を華や...
【掲載のお知らせ】発売中の『&Movie 映画が教えてくれる...
【 筒井時正玩具花火製造所 at. graf 】山といえば...
【 PLANS by graf labo 今週末開催中!】本...
【 筒井時正玩具花火製造所 at. graf 】線香花火は...
【 ワークショップ定員残りわずか!PLANS by graf...