Events

2012.02.23 THU

「〈民藝〉のレッスン つたなさの技法」出版記念トーク

先月末に出版された書籍「〈民藝〉のレッスン つたなさの技法」の出版記念トークに、graf代表の服部滋樹が出演します。本書の編著者である哲学者の鞍田崇氏とともに「民藝」をキーワードに、文章で語りつくすことの出来なかったことを縦横に語り合います。


日時 / 3月1日(木) 19:00 - 21:00
会場 / MEDIA SHOP
住所 / 京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1F
参加費 / 500円 *予約不要
当日会場にて『〈民藝〉のレッスン』ご購入の方は無料でご入場できます。

アクセス /
京阪「三条駅」・地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩5分
阪急「河原町駅」から徒歩10分

お問合せ先 / MEDIA SHOP TEL. 075-255-0783
URL / http://www.media-shop.co.jp/

 

鞍田崇 プロフィール

1970年兵庫県生まれ。哲学者、総合地球環境学研究所特任准教授。暮らしの“かたち”という視点から、現代社会における環境問題の思想的意味を検討している。最新作として、2012年1月末に『〈民藝〉のレッスン つたなさの技法』(編著)を刊行。
Blog: http://blogs.brash.jp/kyoto_life/

書籍:〈民藝〉のレッスン つたなさの技法

20世紀のはじめに社会と芸術のあり方を一新すべく柳宗悦らによって展開された民藝運動。いまあらためて関心が集まる、この古くて新しい民藝の世界。これまでの「民藝」を手がかりにしつつ、そこから何を得るのか、得るべきなのかが、ファッション、デザイン、建築、料理、人類学、哲学といった様々な視点から論じられている。

定価 1,700円+税 単行本/208頁/四六判
出版:フィルムアート社
編集:鞍田崇、編集部
ISBN:978-4-8459-1183-7

イベントアーカイブ