Events

2015.02.02 MON

ワークショップ つくろう!スナビマン?! 

デザイナーの松井貴がキッズプラザ大阪で開催されるワークショップの講師をします。タイトルは「つくろう!スナビマン?!」。高知県の砂浜美術館に流れ着いた漂流物をつかって、いろんな姿形の人形を思い思いにつくりましょう。さてはて、どんな「スナビマン」が出来るかな?ご参加、お待ちしています!

※このワークショップは「砂浜美術館の漂流物展 海からきたもの大集合!!」の関連イベントとして開催されます。

ワークショップ
つくろう!スナビマン?! 砂浜美術館(=スナビ)の漂流物で人形をつくろう!

日程:2015年2月28日(土)、3月1日(日)
時間:第一部 / 11:00 - 12:00、第二部 / 13:30 - 14:30
会場:キッズプラザ大阪・キッズプラザホール(〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7)
講師:graf 松井貴(デザイナー)
対象:4歳以上の子どもと大人のペア
参加費:無料(別途、キッズプラザホールへの入場料が必要です)
定員:各回20組(1組は、大人1名と子ども2名まで)
申込方法:会場にて開始時間の30分前から先着順で受け付けいたします。


砂浜美術館の漂流物展
海からやってきたもの、大集合!
高知県黒潮町の砂浜美術館。建物のない砂浜が、そのまま広い美術館。「砂浜美術館の漂流物展」は、海をわたって砂浜美術館に流れ着く、ヤシの実、流木、空き缶、外国製のライター、鯨の骨に指輪などの漂着物を「作品」と捉え、それらを見て、さわって、つくる「“作品”展」です。想像ができるようで想像を超えた、たのしい漂着物展に、ぜひご来場ください!

会期:2015年2月28日(土)、3月1日(日)
開館時間:10:00 - 16:00
場所:キッズプラザホール
主催:NPO砂浜美術館、キッズプラザ大阪

プロフィール

砂浜美術館

高知県黒潮町にある砂浜をそのまま美術館と見立てた、建物のない美術館。「人と自然のつきあいかた」を考えることをテーマに、町の豊かな自然と、そこに暮らす人々の営み、そんな“ありのままの風景”を、見方を変え、創造力を働かせ、ひとつひとつ大切な「作品」としてたのしむことを提案している。

イベントアーカイブ